牧家について

牧場の牛たち

アングラー種

アングラー種

日本で飼育しているのは牧家だけ。希少な品種の牛です。
ふるさとはドイツの最北端にあるアンゲルン地方。
1993年の秋から飼育を開始し、これまでの繁殖活動が認められ、
2008年11月には「アングラー種」を守っているドイツの組織
「RSH」の特別会員として、牧家が登録されました。

ホルスタイン種

ホルスタイン種

白黒模様がお馴染みのホルスタイン。
ふるさとはオランダ北部からドイツ西北部で、牛の中では最も古い品種です。
生乳は濁りのない真っ白な色が特徴で、クセが少なく飲みやすい乳を多く出すため、
牛乳はもちろんチーズやプリンに加工されます。

コンテンツ

牧場から食卓へ
安心安全な乳製品
牧場の牛たち